【浮生・攻略】主人公とSSR従者キャラの特徴やスキルのまとめ

2021年11月26日

浮生・攻略・キャラ

主人公の職業はなにがある?
浮生の従者キャラクターってたくさんいるけど、どの人を選んだらいいのかな・・・
スキルはどんなのがあるの?

そんな疑問に答えます

主人公の職業は「学士・護衛・薬師・尚食」の4種類
主人公の特徴とスキルを軸に、他の従者のスキルを見て布陣を組むといいですよ

主人公と従者の特徴とスキルを知って、布陣の幅を広げてみませんか?

 



 

 

主人公の特徴とスキルの見方

主人公の職業は
学士
護衛
薬師
尚食
4種類が存在しています

自分がどんなプレイスタイルで浮生を遊びたいのか
主人公の特徴やスキルを見て決めていくといいですよ

ちなみに浮生では混乱や気絶などのデバフを回避することはできますが、通常の攻撃は回避できず、必ず当たる仕様になっているようです

「デバフ」とは?

デバフとは、ロールプレイングゲーム(RPG)において、キャラクターやアイテムの能力を下げる効果のこと、あるいは負のステータス効果のことである。英語では debuff と表現する。
(引用:Weblio辞書

なので浮生の中国版では攻撃力が高い学士護衛主人公が人気です

ゲーム内では主人公の職業を変更できるアイテムが売っているので、転職をすることも可能になっています

 

通常スキル2について

浮生の戦闘では
自動で戦闘を進めてくれる「自動戦闘
主人公と主力に配置した従者のみ、自分で動かせる「手動戦闘
この2種類があります

通常スキル2は手動戦闘のときのみ使うことが可能です
通常スキル2が使えるのは主人公だけ

通常は自動戦闘でささっとプレイ
他の浮生を遊んでいる、戦闘力が近いユーザーとの戦闘は手動戦闘
などと、モードを切り替えて挑んでいくと時間の節約にもなりますよ

なお筆者が使ったことのある主人公と従者には◆マークがついています

 

主人公<学士>

特徴:攻撃型(範囲攻撃に長ける)

[通常スキル]不知火(Lv.1)
敵全体に攻撃力の46%のダメージを与える

[通常スキル2]帰燕(Lv.1)
敵3名に攻撃力の54%のダメージを与える。自身に与えたダメージの30%分の生命値を回復する

[奥義スキル]双宿双飛(Lv.1)
敵全体に攻撃力の93%のダメージを与える。2ターンの間、自身の追加会心率+27%(行動する前に発動される)

[特技スキル]燕舞の型(Lv.1)
通常スキルを発動した時、34%の確率で連撃する

攻撃力が高く、全体攻撃ができる主人公
通常スキル2では自身の回復もできるので、上手く立ち回れば生命値をキープしつつ戦うことも可能だと思います

攻撃系の従者で固めて速攻型にするか、回復や妨害ができる従者を布陣に入れて安定型にするか
色々な組み合わせの布陣を楽しめますよ

 

主人公<護衛>

特徴:攻撃型(単体攻撃に長ける)

[通常スキル]流転(Lv.1)
ランダムで敵に攻撃力の80%のダメージを3回与える。同じ対象に当たる度にダメージが45%下がる

[通常スキル2]霧虹(Lv.1)
敵単体に攻撃力の105%のダメージを与える(30%の防御力を無視)

[奥義スキル]暁星剣(Lv.1)
敵単体に攻撃力の75%のダメージを5回与える

[特技]衝天(Lv.1)
対象を撃退すれば、ランダムに追加で敵単体に220%のダメージを与える(1ターンに1回まで発動できる)

単体攻撃ができ、かつ攻撃力が高い主人公
さらに特技では敵を撃退した時に追加で攻撃ができます
実際に護衛主人公の布陣と戦ってみて、この特技がすごく強い印象があります

 

主人公<薬師>【入手済】◆

特徴:妨害型(敵を撹乱(こうらん)できる)

[通常スキル]窈溟(Lv.1)
敵3名に攻撃力の70%のダメージを与える。50%の確率で2ターンの間、対象のダメージを13%下げる

[通常スキル2]叢雨(Lv.1)
敵単体に攻撃力の96%のダメージを与える。36%*(1+効果命中率)の確率で対象を沈黙させる

[奥義スキル]夢幻泡影(Lv.1)
敵3名に攻撃力の102%のダメージを与え、28%*(1+効果命中率)の確率で気絶させる(既に弱体効果の敵は更に確率+10%)

[特技スキル]多恨(Lv.1)
通常スキルと奥義の基礎効果命中率+8%

敵への攻撃と妨害ができる主人公
通常や奥義スキルでは行動順位を早めることにより、効果を十分に発揮できます

通常スキル2の沈黙は、敵の通常攻撃が発動されるのを止めることができますよ
上手く使えば戦局を有利に進めることも可能

特技で効果命中率は上がりますが、命中宝石をつけて沈黙や気絶がしっかり付与できるようにすると、薬師主人公がより活躍できます

 

主人公<尚食>【入手済】◆

特徴:支援型(味方を支援できる)

[通常スキル]陽春(Lv.1)
敵単体に攻撃力の80%のダメージを与え、そのダメージの90%を他2名に与える

[通常スキル2]酔歌(Lv.1)
味方1名に自身攻撃力の15%を付与し(2ターン持続)、さらに60%の確率で妨害効果を解除する

[奥義スキル]蓮華の宴(Lv.1)
敵3名に攻撃力の110%のダメージを与える。味方3名に2ターンの間、23%のダメ増を付与し、1ターンの間、15%のダメージ反射を付与する(自身攻撃力の180%以下、致死しない)

[特技スキル]天工(Lv.1)
攻撃された後、残り生命値の最も低い味方2名に、攻撃力の34%分の生命値を回復する(1ターンに1回まで発動できる)

味方の回復と強化・妨害効果を解除できるなど、色々な立ち回りができる主人公
奥義スキルでは味方にダメージ増加の効果を付与できるので、敏捷宝石をつけて行動順位を早くすると有利になります

特技スキルの回復は自身が攻撃を受けないと発動されません
戦闘で味方が倒れて布陣の人数が減ってくると、徐々に同じ人を回復しつつ攻撃ができることに
窮地に追い込まれても逆転勝利ができる可能性がある主人公だと思います

 

 

学士従者の特徴とスキル

魚玄機(ぎょげんき)<学士>【入手済】◆

特徴:範囲攻撃

[通常スキル]明月(Lv.1)
敵3名に攻撃力の55%のダメージを与える

[奥義スキル]春水(Lv.1)
敵全体に攻撃力の96%のダメージを与える

[特技スキル]香華(Lv.1)
会心ダメージ+16%

通常でも3名の敵に攻撃ができますし、奥義では全体攻撃ができるのが魅力的

特技では会心ダメージがアップするので、会心宝石をつけて会心攻撃が出せる率を上げると有利
スキルもとてもシンプルなので、使いやすい従者です

 

張良(ちょうりょう)<学士>【入手済】◆

特徴:範囲攻撃

[通常スキル]神算(Lv.1)
敵2名に攻撃力の80%のダメージを与える

[奥義スキル]鬼謀(Lv.1)
敵3名に攻撃力の112%のダメージを与える。2ターンの間、自身の追加会心率+30%

[特技スキル]天才軍師(Lv.1)
ダメージを与えた時、30%*(1+効果命中率)の確率で対象の防御力を14%下げる(2ターン持続)

敵全体への攻撃は出来ません
しかし確率で敵の防御力を下げることができるので、早めに行動できれば他の従者の攻撃で大きなダメージを与えることができるようになりますよ

 

林黛玉(りんたいぎょく)<学士>【入手済】◆

特徴:範囲攻撃

[通常スキル]残花一輪(Lv.1)
敵単体に攻撃力の125%のダメージを与える。45%*(1+効果命中率)の確率で対象に花魂を付与する(3ターン持続)

[奥義スキル]解語の花(Lv.1)
敵3名に攻撃力の35%のダメージを3回与える。40%*(1+効果命中率)の確率で3ターンの間、対象に花魂を付与する

[特技スキル]栄枯(Lv.1)
花魂状態の従者が撃退された時、2ターンの間に花魂になり、敵全体に攻撃力の30%のダメージを与える(持続時間内では復活不可)

攻撃をしたときに花魂を付与することで、追加ダメージを与えられます
なるべく行動順位を早くして花魂をつけてから他の味方が倒すと、林黛玉のスキルを活かせると思います

スキルレベルが1の段階でも確率が高いので、命中宝石は
実際に戦闘してみて確認
宝石のレベルが高いものをつけているなら、数を減らす
など、調整しながらつけるのがおすすめです

 

 



 

護衛従者の特徴とスキル

孫策(そんさく)<護衛>【入手済】◆

特徴:単体攻撃

[通常スキル]流水斬(Lv.1)
敵単体に攻撃力の63%のダメージを2回与える

[奥義スキル]豪胆の剣(Lv.1)
敵単体に攻撃力の83%のダメージを3回与える。自身の生命値が与えたダメージの40%分回復する

[特技スキル]江東の覇王(Lv.1)
残り生命値が自身より多い敵にダメージ+21%

孫策は単体攻撃しかできません
ですが特技でプラスダメージがありますし、奥義では自分の生命値を回復できます
怒り値を増やせる従者と布陣を組めば、生命を回復しつつ攻撃ができる回数も増えて、頼もしい存在になりそう

 

謝維錦(しゃいきん)<護衛>【入手済】

特徴:単体攻撃

[通常スキル]長星(Lv.1)
敵単体に攻撃力の58%のダメージを2回与える

[奥義スキル]錦風訣(Lv.1)
敵単体に攻撃力の65%のダメージを5回与える

[特技スキル]霜心訣(Lv.1)
ダメージを与える時、40%の確率で謝維錦のレベルの40倍の固定ダメージを与える

敵単体にしか攻撃はできませんが、奥義では5回ダメージを入れることが可能
攻撃宝石をつければ高いダメージを与えることができますよ

特技では敵の強さに関係なく、謝維錦のレベルを上げれば上げるほどダメージを与えることができるようになります

 

花木蘭(かもくらん)<護衛>【入手済】◆

特徴:混合攻撃

[通常スキル]回天(Lv.1)
敵単体に攻撃力の125%のダメージを与える

[奥義スキル]寒光(Lv.1)
敵単体に攻撃力の90%のダメージを2回与え、50%の確率で2ターンの間、被ダメージを22%上げる。さらに敵全体に攻撃力の30%のダメージを与える

[特技スキル]灼華(Lv.1)
行動する時、自身に攻撃力の17%分のバリアを付与する、2ターン継続、重複不可

通常スキルでは単体に、奥義スキルは単体+全体にも攻撃ができます

50%の確率で被ダメージが上がってしまうことに
しかし特技のバリアが行動するごとに付与されるので、攻撃宝石と防御宝石をつければ活躍してくれそうです

 

 

薬師従者の特徴とスキル

虞姫(ぐき)<薬師>【入手済】

特徴:単体妨害

[通常スキル]翡翠の奏(Lv.1)
敵単体に攻撃力の54%のダメージを2回与える

[奥義スキル]哀歌(Lv.1)
敵単体に攻撃力の170%のダメージを与える。40%*(1+効果命中率)の確率で2ターンの間、気絶させる

[特技スキル]夢現(Lv.1)
ダメージを与えた時、22%*(1+効果命中率)の確率で1ターンの間、対象を沈黙させる

通常でも奥義でも単体にしか攻撃できません
2ターンのあいだ敵を気絶させられるのは心強いですが、単体なので怒り値を増やしてくれる従者が布陣にいてくれると、有利に戦闘を進められそう

 

李時珍(りじちん)<薬師>【入手済】◆

特徴:持続攻撃

[通常スキル]陽狂の薬(Lv.1)
敵単体に攻撃力の70%のダメージを与える。40%の確率で中毒効果を付与し、9%の現在生命値を減少させる(2ターン持続)

[奥義スキル]乱心の薬(Lv.1)
敵3名に攻撃力の78%のダメージを3回与える。40%*(1+効果命中率)の確率で中毒効果を付与し、対象の最大生命値の7.4%分のダメージを与える(攻撃力の74%以下、2ターン持続)

[特技スキル]薬の真髄(Lv.1)
李時珍が与える中毒効果は、2ターンの間に、敵の吸血と回復効果を48%下げる

妨害効果である中毒を付与できるのが魅力的な従者
布陣に回復できる従者を入れているプレイヤーは多いので、回復効果を下げてくれる特技スキルは頼りになります
付与の確率も初期から高めなので、使ってみて比較的中毒効果を付与しやすいと感じました
命中宝石で確率を調整して、確実に付与できるようにするといいですよ

 

扁鵲(へんじゃく)<薬師>【入手済】◆

特徴:範囲妨害

[通常スキル]銀の針(Lv.1)
敵単体に攻撃力の125%のダメージを与える

[奥義スキル]鴆毒(Lv.1)
敵3名に攻撃力の101%のダメージを与える。35%*(1+効果命中率)の確率で1ターンの間、対象の奥義を封印する

[特技スキル]以毒制毒(Lv.1)
ダメージを与えた時、40%*(1+効果命中率)の確率で対象に中毒効果を付与し、攻撃力の18%のダメージを与える(2ターン持続)

通常スキルでは単体にしか攻撃ができません
しかし奥義スキルでは敵の奥義を封印することができるので、決まれば戦局を有利に運ぶことができます
自動戦闘で敵にけい康などの怒り値を操作できる従者がいると、奥義のタイミングがズレる可能性も
手動戦闘で主力に扁鵲を配置すれば自分の好きなタイミングで奥義を発動できるので、主力配置で使ってみるのもおすすめです

 

 

尚食従者の特徴とスキル

けい康(けいこう)<尚食>【入手済】◆

特徴:サポート

[通常スキル]流光(Lv.1)
敵単体に攻撃力の125%のダメージを与える

[奥義スキル]韻風(Lv.1)
敵3名に攻撃力の108%のダメージを与える。ターン終了時、50%の確率で味方3名の怒り値を40上げる

[特技スキル]笛の極意(Lv.1)
ターン開始時、ランダムに味方単体の怒り値を40上げる(発動間隔:5ターン)

ターン開始時に怒り値が上がるので、1ターン目から味方の奥義スキルを発動できるのは心強いです
ただし手動戦闘で主人公と主力従者が奥義発動になると、通常スキルで狙っていたところではない敵に攻撃がいく可能性も
(筆者がけい康を使っていて、対象がズレる気がします。間違っていたらすみません・・・)

確率は効果命中率依存ではないので、命中宝石が不要なのも使いやすいポイントです

 

劉禅(りゅうぜん)<尚食>【入手済】◆

特徴:治療サポート

[通常スキル]肉球召喚(Lv.1)
残り生命値が最も低い味方に、攻撃力の55%分の生命値を回復し、30%の確率で肉球マークを付ける(回復量+25%)、2ターン持続

[奥義スキル]照猫画虎(Lv.1)
生命値の最も低い味方3名に、攻撃力*125%+1500の生命値を回復する

[特技スキル]若き君主(Lv.1)
戦闘開始時、自身に攻撃力*90%+2000のバリアを付与する、3ターン持続

回復系の従者ですが、気をつけなければいけないのは回復量が「攻撃力」依存だということ
攻撃力を高くすることで、特技スキルのバリアもより強力なものになります

手動戦闘にすれば狙った味方を回復できるので、演武禄や武闘大会では主力に置くのも手

 

潘安(はんあん)<尚食>【入手済】◆

特徴:サポート

[通常スキル]森羅(Lv.1)
敵単体に攻撃力の110%のダメージを与える

[奥義スキル]万象(Lv.1)
味方単体に攻撃力の105%分のバリアを付け(2ターン持続)、1ターンの追加行動を与える

[特技スキル]連壁(Lv.1)
奥義のバリアが破壊された時、破壊者にバリアの70%分のダメージを反射する

味方を守りつつ、通常スキルでは攻撃もできる従者
バリアは攻撃力に依存しているので、攻撃宝石をつければより多くのダメージ防ぎ、反射することができます

 

王昭君(おうしょうくん)<尚食>【入手済】◆

特徴:治療サポート

[通常スキル]琵琶行(Lv.1)
残り生命値が最も低い味方に、攻撃力の55%分の生命値を回復する

[奥義スキル]小春凪(Lv.1)
味方2名に攻撃力の56%分の生命値を回復する。さらに持続回復効果を付与し、攻撃力の28%分の生命値を回復する(2ターン持続)

[特技スキル]空蝉(Lv.1)
味方を回復する時、58%の確率で妨害効果を2つ解除する

味方の回復と妨害効果を解除できます
回復量は攻撃力に依存するので、攻撃宝石をつけるのがおすすめ

同じ回復系の劉禅に比べると、奥義スキルの回復人数が少ないです
ですが薬師や尚食といった妨害・支援系の職業には、妨害効果を解除してくれる王昭君がいてくれると安定して戦えます

 

 

☆まとめ☆【浮生・攻略】主人公とSSR従者キャラの特徴やスキルのまとめ

布陣の組み合わせは、すごく迷いますよね
強くなりたいか、男性のみ・女性のみの従者で固めたいか
判断基準は人それぞれなので、一概に「これがいいですよ!」とは言えません
ですが、それぞれの主人公や従者にどんな特徴があるのかは、知っていて損はないと思います
より浮生というゲームが楽しくなる、そんなきっかけになれば嬉しいです

以上、【浮生・攻略】主人公とSSR従者キャラの特徴やスキルのまとめでした

 

 

実況プレイ動画<脇下一族列伝>はこちら!

関連記事
実況プレイ
実況プレイ『俺の屍を越えてゆけ<脇下一族列伝>』が人気な理由

実況プレイ動画を探していませんか? どうせなら面白くて、実況プレイ最終回まで楽しめる動画を見たいですよね 今回おすすめする実況プレイ動画は稲葉百万鉄(いなば ひゃくまんてつ)さんが実況をしている『俺の ...

続きを見る

 

-ゲーム
-, , ,

Copyright© haru-buro。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.